妊活において旦那が非協力的な時に考える事

妊活を成功させるためには、夫婦が協力して行う事が大切です。
大体において、妊活に熱心なのは女性の側の場合が多いのですが、そこで多い悩みが、妊活に旦那が非協力的であるという事です。
このような場合にはどうしたらいいのでしょうか?
排卵日は月に1回しかない大事なチャンスです。
この前後を逃してしまうと翌月のチャンスを待たなくてはなりません。
しかし肝心のタイミングで旦那が協力してくれなければ、その機会に妊娠できる可能性は無くなってしまいます。
妻は当然イライラしたり焦ったりしますが、焦れば焦るほど夫は気分が良いものではありませんし、夫を追い詰める事になってしまって非協力になるばかりです。
こんなときは少し冷静になって考えて見たいものです。
夫にとって性行為は子作りのためだけではありません。
排卵日だけに集中した性行為は義務感だけでむなしいと感じている事もあるでしょう。
(中には、この日のために病院に通い薬を飲み、注射をしている方もいて、そういった方は、その苦労や気持ちなどを分かって欲しいという思いは妻にとって切実なものです。)
でも焦れば焦るほど、夫にとって精神的にも負担になってしまうことを考えてみることも大切です。
人間どうしても自分を中心に考えてしまうという現実を踏まえて、妊活に必死な気持ちになって夫を責めてばかりいるかもしれない自分を見つめ直して、また、夫が日々、仕事などどのような生活をしているのか、家に帰れば妊活で焦って自分を責めてばかりの妻に対してどのような想いを抱くのかなど、夫の立場になって考えてみる事も大切でしょう。
どちらにしても、程度の差はあれ夫の協力無しには妊娠する事は出来ないのですから、子供や妊活に対してどのように思っているのかなど、互いに話し合う機会を作る事も必要でしょう。
また、夫が協力しないと責めるのではなく、男性なんて単純なんだから、上手くおだてて調子に乗せて、知らず知らずの内に協力させてしまう方法は無いものか、といった観点で考える事のもいいかもしれないですね。
(その時には、そんな単純な男性という生き物をうまくコントロールして協力させることができずに、責めてばかりで逆効果な事をしてきた自分を反省する事も大切でしょう。)

なかなか妊娠しない事に悩んでいる人向けのサプリに含まれている成分などについて

中々妊娠しなくて、不妊に悩んでいるけれど、病院に行って本格的に不妊治療を受けるほどには悩んでいない人が活用しているのが妊活のためのサプリです。
これは病院で受ける治療と違って、手軽に飲むだけなので、気軽に始めやすくて続けやすいですし、費用も抑えられます。
不妊のためのサプリには、様々な成分が含まれています。
女性向けとしてタンポポが入っていますが、これは不妊に対して良い効果があると昔から言われてきました。
葉っぱに含まれているタンポポのエキスが大きな働きを持っていて、女性ホルモンを活発に分泌させる作用があります。
女性ホルモンは妊娠にも大きく関係していて、少なくなると妊娠もしにくくなります。
女性ホルモンが正常に分泌されるようになれば生理周期もきちんとくるようになり、受精しやすい卵子の生成もしやすくなります。
他にも細胞の活性化作用など色々な機能があります。
女性にも男性にもおすすめなのがマカです。
マカにはホルモンバランスを整える作用があり、ホルモンバランスが崩れると女性も男性も不妊になる可能性が高くなります。
マカは南米原産の植物で栄養素が大変豊富で、必須アミノ酸やビタミン、ミネラルなども含んでいます。
妊娠しやすい、そして妊娠させやすい身体づくりをサポートしてくれます。
とくに男性だと精力的な効果も期待出来て、勃起不全などの悩みがある人にもマカはおすすめです。
女性に向いている成分として葉酸も含まれています。
(葉酸についても男性も摂取した方が望ましいものです。)
葉酸は赤ちゃんの発育を良くして、流産するリスクも減らしてくれます。
更に障害の発生を抑える成分としても注目されていて、他にも子宮内壁の強化や受精卵の保護などの効果もあります。
妊娠前や妊娠中にはたくさんの葉酸を摂取することが必要です。
同じく女性向けにはアリエキスがあります。
これは体温を高めてくれる効果があり、体温が低下すると妊娠しにくくなることで知られています。
女性は冷え性が起こる可能性が高くて、これが不妊に影響していると言われています。
アリエキスには冷え症のリスクを下げる作用があり、体温を温めて妊娠しやすい体質づくりにはおすすめな成分です。

妊活サプリを大まかに分類すると

妊活サプリを大まかに分けると2種類あると言えなくもありません。
その2種類とは、胎児のために飲むサプリと、妊娠しやすい体質に近づくために飲むサプリです。
胎児のために飲む妊活サプリは葉酸を主成分としたサプリ、妊娠体質に近づくために飲む代表格がマカを主成分とするサプリです。
(正しくは、マカは成分ではないのですが、そこは置いておきます。)
胎児のために飲む葉酸サプリは、胎児が神経管閉鎖障害という症状を防ぐためなどの目的で摂取します。
胎児が神経管閉鎖障害になる死産や流産してしまったり、産まれてきても障害を持ってしまう事もあります。
それらを防ぐために有効とされるのが葉酸サプリです。
妊娠体質に近づくために飲むサプリの代表格のマカには、卵巣や子宮周りの血流を良くしたり、ホルモンバランスを整える働きをします。
卵巣周りの血流が良くなると卵子がしっかりと育ち、排卵がスムーズに行われるようになります。
子宮周りの血流が良くなると受精卵が着床しやすくなり妊娠しやすくなります。

[夫婦で妊活サプリを飲むことにして…]
1年ほど前、夫婦で同じ妊活サプリを飲み始めました。
元々、頑張って子供を作ろうとしたのに、全然妊娠しない事に悩んでいたというような状態ではなく、そもそも子供を作る事を特に意識していなかったという感じで、そろそろ子供が欲しいかな、という話を妻と話をして、という程度だったので、特別なことはせず、ただサプリを飲むだけ、という程度で、妊活をしたというほどのものではありませんでした。
なので、サプリに効果があるのか半信半疑とか、そんな感じでもなく、なんとなく、どうせならサプリを飲んでおいた方がいいかな、という程度でした。
そして、大体1年ほどたった頃に、めでたく妻が懐妊しました。
二人とも30代なので、もっと時間がかかると思っていたのですが、意外に早く妊娠してびっくりしました。
1年続けてダメだったら、もう少し真剣に妊活について考えてみようと思っていたので、その期限までに妊娠できてよかったです。
病院などにも通わず、ナチュラルな方法で妊娠でき喜んでいます。